title


山形発、ニットウェアブランド「BATONER(バトナー)」。
世界に誇る圧倒的な技術。高品質ニットを一同にご紹介します。

10月26日(土)〜11月4日(日)、BATONER(バトナー)」2019年秋冬の新作をPOP-UPでお披露目します。
ニットの産地・山形県の歴史あるファクトリーから、独自の製法と品質が光るニット・編み物が一同に。
メンズ・ウィメンズとも多彩な製品バリエーションで、その魅力をお伝えしていきます。

なかでも注目いただきたいのは、今シーズンからブランドの基幹として登場するラグランスリーブニットです。
原料の湿度・温度管理をはじめ徹底した熟成過程、製造工程を経たエイジング・メリノウールを使用。
滑らかな風合いと軽さ、上品な光沢を魅力に、クルーネック、タートルネックの2型を展開します。
また、黒、紺の定番色に加え、レッド、イエローと、鮮やかなカラー展開も見逃せません。

その他ブランドの2019秋冬新作アイテムも多数入荷。
このタイミングに是非、お立ち寄りください!


日時: 10月26日(土)〜11月4日(月・祝)
    各日12:00〜20:00 ※10月30日(水)は店休日
場所: Vincent&mia
問 : 082–247-6023 VIncent&mia

 

PROFILE OF BATONER
2013年、山形県寒河江市で誕生したニットウェアブランド「BATONER」。ニットの産地として知られる山形県で、様々なメゾンブランドやアパレルメーカーの製品を手掛けてきたファクトリー・奥山メリヤスのブランドとして立ち上がりました。世に送り出されるニットウェアは、原料から製品に至るまで全ての行程を高いクオリティで管理し、仕上げられています。日本が世界に誇る技術と伝統、さらなる品質を追い求める意欲をもって次の世界へと受け継げられるモノを作り続けています。




過去のニュースはこちら。
Scye 19aw Scye Mercantile 19a/w




 

 
under