title



2018年4月28日(土)、29日(日)、30日(月・祝)の3日間
SLOWGUN+新ブランド・AUBERGE 18A/Wを先行発表。

SLOWGUNデザイナー 小林氏による新ブランド「AUBERGE(オーベルジュ)」及び
「SLOWGUN」18AWをお披露目します。
両ブランドの秋冬アイテムをいち早くチェック。カスタムオーダーにもご対応するGW前半の必見企画!
期間中、小林氏自らが店頭に立ち、ルーツ、カルチャー、生産背景など、
多岐にわたる商品の魅力をお伝えします。

SLOWGUN 18A/W

今期ブランド設立20周年を迎えたSLOWGUNは「スロウガンの得意な事」と題し、
既存のアイテムをさらにバージョンアップしてご提案。
当店スタート以前よりお取り扱いの歴史を持つだけに“懐かしくて新しい”という同ブランドのコンセプトに、
より一歩踏み込む挑戦的なベクトルを感じています。
新素材のチェック柄でブラッシュアップされた25時コートやモッズパーカ。新開発素材のシールインダウンジャケットは薄手にも関わらず軽く暖かさを兼ね備えています。
設立以来ファンの多いジャパンメイドのハンドメイドニットも生産背景をより進化。
改めて袖を通していただきたい一着です。
また、大好評“大人のスタジャン”カスタムオーダーでは、ペンドルトンのデットストック40柄が見
逃せません。廃番柄を含む貴重な素材をご用意。ご期待ください!

日時:2018年4月28日(土)-30日(月・祝) 各日12:00-20:00
場所:Vincent and mia
問 :082-247-6023 general@vincent-mia.com

 

PROFILE OF 小林 学(Slowgun&AUBERGE)
1966年湘南・鵠沼生まれ。文化服装学院アパレルデザイン科でファッションの基礎を学ぶ。88年、卒業と同時にフランスへ遊学。パリとニースで古着と骨董、最新モードの試着に明け暮れる。帰国後、南仏カルカッソンヌに本社のあるデニム、カジュアルウェアメーカーの企画として5年間活動。ヨーロッパでは日本製デニムの評価が高く、このジャンルであれば世界と互角に戦える事を痛感。デザイナーの職を辞して岡山の最新鋭の設備を持つデニム工場に就職。リアルな物作りを学ぶ。営業としても幾多のブランドの企画生産に携わり、中でも97年ジルサンダーからの依頼でデニムを作り高い評価を得た。98年、満を持して自己のブランド「Slowgun & Co」をスタート。懐かしくて新しいを基本コンセプトに映画、音楽等のサブカルチャーとファッションをミックスした着心地の良いカジュアルウェアを提案し続け、現在は恵比寿に事務所を兼ね備えた直営店White*Slowgunがある。
https://www.slowgun.jp/

 


過去のニュースはこちら。
RUE DE VERNEUIL 18S/S exhibiton




 

 
under