Vincent web magazine - The Blondenote -


来場者のパーティーファッションに注目します
年代問わず、個性と抜け感、遊び心を!

このページではVINCENTスタッフ目線で、参加者のスタイリングに注目します。今回のイベントは「三瀧荘」という伝統的な場を舞台に、あえてフォーマルを崩したりドレスダウンしたりという遊び方を狙っていました。その点では男性に比べ、女性は若干地味な印象でした。

フォーマルなパーティドレスでまとめられた方が多かったので、もう少しカジュアルミックスするなど、抜け感を見てみたかった。色調的には華やかさが目立ち良かったと思います。また、世代を超えて上品で美しい方が多かったです。パーティーに華を添えていただきました!

一方男性は、それぞれの個性の引き立たせかたが面白かった。フォーマルにストリート感を加えたミックススタイルなど、スニーカー不可というドレスコードにも関わらず、上手くカジュアルさを組み合わせた着こなしが多く、パーティーの意図を理解いただき嬉しかったです!


  The Best Styling

ベストスタイリングに選ばれた彼女。まずはヘアスタイル。自分のキャラクターを知っています。細かい小物使いは、さりげないようで計算された色合わせ。胸元のコサージュをポイントに、パンツ、靴、小物などでつくるトーンはさすがです。


  Experienced

パテーィー慣れしているとしか言いようのない、ご夫婦が持つムードの理由は? ひと際目立つボルドーのチェスターコート。それを引き立たせるグレーのセットアップ。二人で並んだ時のバランスを考えてのスタイリングは、やはり場馴れですかね。


  Professor

ヴィンテージ感ある、シャツ、ネクタイ、ベストなどを中心としたフォーマルスタイルに、あえてワイドパンツ。さらに、インパクト大の刺繍柄スタジャン。ひとつひとつの濃いアイテムをまとめあげる人間力と、洋服に対する並々ならぬ知識を感じます。


  Showa beauty

ノスタルジーと美意識が、歴史ある三瀧荘の庭園に溶け込んでいます。シンプルな黒ワンピースは、パーティーの基本。羽織ものや靴、バックなど、異素材の茶系のアイテムを中心にトーンをつくり、それぞれから質へのこだわりや愛情が見受けられます。


次項「講座内容をレポートします」

VINCENT Flickr その他のポートレイトはこちら

過去の記事「The Blondenote Vol.1」

 

credit