Vincent web magazine - The Blondenote -


シーンへの想像が織りなすカジュアルミックス
トレンド+華やかさ、若い感度が印象的

今回はドレスコードやカラーコードを意図的に設定しませんでした。映画館+パーティーという例を見ない設定を、参加する方々が自分なりに深読みしてもらいたかったからです。

結果、この一夜のシーンを多くの方々が想像し、自由に捉えて表現されていた印象です。好きな映画のテイストを取り入れるなど、いろいろな形のミックスが着こなしに活きていました。

特にチェックや長丈コート、昭和感のある髪型、メガネなど、今のトレンドを押さえながらのカジュアルダウンに感度の高さを感じました。
パーティーファッションに不可欠な華やかさを、素材感ではなく、柄や色調で表現したスタイリングが目立ち、会場はハッピーなムードに!

また、前回の「ONE PLUS ONE conference」と比べ、20代の若い世代が多く参加され、その勢いや感性から広島のファッション事情に次世代の光を感じられました。とても嬉しく思っています!

  Good balance

ショートパンツと合わせた黄色の蝶ネクタイと、スポーティーな素材を用いたジャケットのグッドバランス。会場の雰囲気と絶妙に調和していました。


  60's Cinema

ヘア&メイク、ボーダーのピッチと配色、シンプルなあわせに添えたゴージャスさ。未だファッションのアイデアソースとして注目され続ける、60年代、ゴダールの世界観を感じます。


  Showa + 80's mix

「八丁座」の昭和感と、80'sのストリート感がミックス。5人全体に共通したノリとトーンをつくりだし、パーティーの雰囲気を盛り上げていました。


  The Best Styling

女性:ブルーチェック、ローファーとソックス、ロールアップしたパンツのバランスが今のトレンドを表現。キメキメに突っ込んだ感に勢いを感じます。

男性:髪型、メガネ、太幅のロールアップなどから感じられる計算されたナーディーさ。ビッグシルエットのコートでスタイリングを包み込み印象的に。


次項「ライフスタイル講座の内容をレポートします」

VINCENT Flickr 当日の写真はこちら

過去の記事

 

credit