Vincent web magazine - The Blondenote -


歴史的ランドマーク、広島アンデルセンを会場に。
2フロアを行き交える、多彩な空間を演出。

開催ごとに話題を呼ぶ、ONE PLUS ONE 1+1 conferenceの会場づくり。
宴会仕様にあつらえられたホテルでもなく、使い慣れたクラブでもなく、当日限定の前例なき場所。
広島発の伝統的な文化が根ざした場所をラウンジとしてカスタマイズしてきました。
老舗料亭旅館、真夜中の映画館に続く今回は、市街地を代表するランドマーク「広島アンデルセン」。

ライフスタイル提案型企業の先駆け。被爆建物でもある歴史的建築は90年の時を経て、
このイベントタイミングを最後に約5年間の大幅リニューアル期間に入ります。
前回、前々回のONE PLUS ONE 1+1同様、一般参加者を対象としたイベント開催は同館初の試み。
広島の誇る老舗のホスピタリティとともに、2フロアが解放されました。


1st FLOORは、セレクトショップ+カフェテラスを中心に。
本通りに面した、晴れやかで開放的な空間。

1stフロアには、洋服、雑貨、家具のセレクトショップを特設。紅茶・中国茶などを提供するカフェテラス、チョコレートバー 、スキンケア、シューケアブースなどが軒を連ねました。
同館のシンボルでもある巨大な吹き抜けと 、広島随一のショッピングモール・本通りに面したテラスからの眺望がともない、晴れやかで開放的な空間に。
イベント開催中は、2フロアを行き交って自由な時間を過ごせる設計に。参加人数を350名に限定。心地の良い距離感を演出。

2nd FLOORは、キッチン、バー、ダンスフロアを展開。
社交の場となるギャラリースペースも。

アンデルセン提供のキッチンには、当日限定のクラシックメニューをはじめ、特別企画のオードブル、飲食メニュー、焼きたてパンがずらり。広島在住60〜80代の方々による逸品ギャラリー、晴レの晩餐をイメージした長テーブルエリアなど、三世代交流の仕掛けを施した2ndフロア。
ゲストの祐真朋樹氏自らがバーテンとなり提供するシャンパンバー、沖野修也氏が演出するDJフロアでは、プレイしたレコードをその場でプレゼントする企画も。
3回連載のラストとなる、ライフスタイリング講座、スタイリングコンテストも大盛況。時間帯によりムードを転換する緩急に富んだ空間に。

 


次項「ドレスコードは、晴レの日クラシック」

過去の記事

 

credit