ONE PLUS ONE vol.2
2021.04.03

Vol.2
ONE PLUS ONE(1+1)conference



大切なことは、いつも遊びの場から学んできた。

 

ここは、セレクトショップ「VINCENT and MIA」のコンセプトノート。ファションの分野に留まらず、ライフスタイルに+αを加えるエッセンス。これまで、そして今、私たちがインスパイアされている様々なシーンにフォーカスし、季刊で公開しています。
 

第2弾で取り上げるのは「ONE PLUS ONE(1+1)conference」と題し、2012年10月に行われたパーティーのエピソードです。お洒落して遊びに行く場を提案。セレクトショップ主催ならではの視点に、今回は"お洒落して学べる場"というコンセプトが加えられました。例えば、ハーバード大学、マイケル・サンデル教授の『Justice』や『TEDカンファレンス』、ここ広島でも教育系NPOや、様々な分野のワークショップなど、生涯学習をキーワードとした場が定着し、近年、"学びの場を楽しくする"という価値観が浸透しつつあります。それらを肯定しながらも、ある日、私たちなりの気づきがありました。「今まで学んできたことは、学びの場からだけではない。大切なことはむしろ、遊びの場から学んできたのかも…!」。"楽しむ場のなかで学ぶ"あたり前のようで辺りにない、企画の意図は逆転の発想です。
 

パーティー前半の講座では、ライフスタイリングをキーワードを軸に"本質""選択""発信"といったテーマをもとに展開。ドリンクを手に、着席立席問わず自由なフォームで。後半は食や音楽とともに交流の時間を。それらの模様をレポートしていきます。 
 
 

会場は、広島屈指の歴史的建築「三瀧荘」。

 

和の伝統とモダンな上質が融合する空間で
スタイリング講座とパーティーを併催

 

昭和初期に建てられた和洋折衷の豪邸「三瀧荘」。原爆の焼失を逃れ、今も当時のままの建築、日本庭園を守りながら洗練を重ね、国内外の要人たちに愛され続けています。一般参加者を対象に窓口の開かれたイベントの開催は今回が初の試みとなりました。パーティー会場を中心に、バーやラウンジ、庭園などが解放され、様々な趣きとともに感じる、確かな和の品格。地産地消の多彩なフードをはじめ、広島の地酒(日本酒)ベースのカクテルなど、ドリンク類もフリーで提供。パーティーにおけるロケーションの大切さは言うまでもありません。 
 

前半は、スタイリスト・祐真朋樹氏、DJ・沖野修也氏による「ライフスタイリング講座」を進行。国際的フィールドで活躍するお二人ですが、地方都市での講座開催は初。お互い京都出身なだけに、伝統的な和の空間としっくりなじみつつ、リラックスしたポーズでトークは続いていきます。 
 

会場レイアウトや照明のムードを一転して、後半はDJ・沖野氏の音楽を中心としたパーティー。来場者は30代を中心に、20代から60代まで。学生から社会人、職種も企業経営、教育など幅広く、クラブでのイベントや一般的な異業種交流会などでは見られないミックス感が生まれていました。 
 

ピークタイムには祐真氏の審美眼による、ベストスタイリング賞を発表。男女ともに、納得の着こなし。特に男性は20代前半の若手が抜擢され印象的でした。副賞の景品に加え、受賞者はこの夜の打ち上げ現場にエスコートという特典も。その模様は『UOMO』12月号に掲載されています。 
 

とはいえ決して堅苦しくなく、ほどよい酔いと笑いのなかで。前半は、出身の京都時代の接点からはじまり、選択を生業として選んだ流れ、受信し続けている刺激、オリジナリティ、コミニュケーションの面白さ、世界との距離の捉え方・考え方など、具体的なエピソードを。後半は参加者の声を中心に、質疑応答の時間となりました。「対象の個性を引き出す手段とは?」「迷った時の基準とは?」「なぜ今日の衣装を選びましたか?」「今、注目している日本人デザイナーは?」「いい女の作法とは?」。年代を超えた一体感のあるセッションでした。 
 

ONE PLUS ONE(1+1)conferenceは、全3回で完結します。次回は2013年。今回参加いただいた皆さまをはじめ、様々な声をいただくなかで企画進行中です。上記の講座内容やパーティーのディテールについて、次回へのご要望について、ぜひ店頭でもおたずねください。 
 
 
 
 
 
 

INFOMATION

OVERVIEW

多様性と同時に、既成の縛りが乱立する。地方都市からの発信。様々な趣きとともに確かな和の品格の漂う「三瀧荘」で感じる開催する、ライフスタイリング講座とパーティーの融合。
Originating from a local city. At the same time as diversity, the established ties are rife. A fusion of life styling and parties held at "Mitakiso", which has a certain Japanese dignity that you can feel with various tastes.

ORGANIZER

VINCENT& MIA

SPEAKER

SUKEZANE Tomoki(Stylist)
OKINO Shuya(DJ)

PLACE

MITAKI-SO

PRODUCE BY

KAN Masamichi

OTHER EVENT
MORE